やっぱり気を付けなきゃ!格安飛行機の荷物は要注意

特に格安飛行機に乗る際には気を付けなければいけないというポイントが、荷物に関することです。手荷物に関しては今まで、格安飛行機もそこまで細かく見てきませんでしたが、今は細かく見ています。

では、格安飛行機に乗る際に、どんな荷物に関することを気を付けなければいけないのかなどを見ていきましょう。

格安飛行機は手荷物の重さまできれいにチェックすることもよくある

最近、大手航空会社も、格安航空会社やLCCの影を怖がっている所もあります。そのため、大手航空会社、そして、LCCを含めた格安飛行機では、燃油サーチャージを抑えるためにも、手荷物の重さまできれいにチェックすることが多くなりました。

これは、日本だけではありません。むしろ、日本は全くもってゆるいと言えますし、特にひどいのが、サービスもひどいのに、値段競争が激しいヨーロッパ、そして、アメリカ大陸の中でも、アメリカの航空会社は厳しくなっていると言えます。

そもそも、ヨーロッパはLCC発祥の地とも言えるほど、もう何十年も前からLCCが出ており、既に昔あったLCCが新しいLCCに押されて倒産しているなんて言うケースはたくさんあるほどなのです。そして、アメリカに関しては、大手航空会社でありながら、経営破綻をしている航空会社が相次いでいます。

日本にも乗り入れていたノースウェスト、突然なくなってしまいましたよね。これは、経営破綻して、アメリカン航空に飲み込まれました。そして、ユナイテッド航空、これは、元々そんなに高くない航空会社でしたが、アメリカでもたくさんのLCCが出てきたため、どんどん価格を下げ、オーバーブッキングもしたことによって、人種差別とみられる乗客の矯正降ろしをしたことでネットでかなり話題となっていましたよね。

そのくらいどの航空会社も「余計なモノ」を減らしたいのです。そこで、UAのような大手もそうですし、LCCはもちろん、今まで、規定は合ったものの、荷物の重さや数までチェックしてこなかった手荷物に対しても厳しくなっています。

たった500gオーバーしても、その分を預けろとか捨てろとか言うので、そうならないよう、空港へ行く前から、手荷物の重さにも注意しましょう。

格安飛行機は手荷物のみにした方が絶対楽で安いからおすすめ!

特に、LCCを利用する際に注意したいことが、荷物なのです。手荷物であろうと、預け荷物であろうと、子の注意の対照です。格安飛行機というくくり誰ば、大手航空会社も格安航空券を発行しているので、この対象にありますが、格安飛行機のほとんどが、格安航空会社、もしくは、LCCになることが多いので、とにかく荷物は最小限にすることをおすすめします。

もっと言うのであれば、手荷物のみにした方が絶対に楽で安いのおすすめなのです。最近では、大手航空会社も、燃油サーチャージが高くなっているため、預け荷物の規定は日々変化しており、燃油サーチャージが高い時には、預け荷物が2個目以降万単位でかかったり(国際線)と、数年ぶりに一時帰国して日本のものを住んでいる場所に持ち帰りたいという状況なのに、なかなかできないことがあります。

海外で日本の食材を購入するのも高いですし、海外で手に入らないものを持ち帰りたいのに、その気持ちをバッサリとカットされてしまうのです。追加料金を払えばできますし、場合によってはこの方が早くて確実で安いのですが、出来れば、そういったことを控えたいものです。

それよりも、ただ単に海外へ旅行へ行かれる方に関しては、手荷物のみで行くのがベストです。預け荷物にすると、エクストラの費用が掛かってしまうことが格安飛行機の場合はほとんどで、その料金は航空会社によって異なり、万単位でとられることも多々あります。

そういったマイナスを防ぐためにも、できるだけ荷物はコンパクトにすること、預け荷物はできないと考え、手荷物にしてそのフライトに乗ると考えた方が、断然リーズナブルに、そして、時間(手続きなどに関する)も省けるので、色々な意味でお得に格安飛行機に搭乗することができます。

格安飛行機で預け荷物をする場合にお得な情報をゲットしよう!

例えば、今は東京に住んでいるけど、地元の鹿児島に帰るという場合、もちろん、他の地方の都市に帰るという場合もたくさんあります。そういった時に、あなたはどうしますか。

鹿児島であれば、沖縄や北海道のように、離島としてのつかいを基本的に受けません(屋久島などのコアな場所は除きますが、基本的には鹿児島のある程度の島も本州や九州と同じ郵送料となります)。

そこで格安飛行機で預け荷物をする場合にはお得な情報を前もってゲットしておくことが必要となります。ほとんどのLCCが「前もって」色々やることを実施しており、そうしないと、エクストラチャージが発生してしまうことがほとんどなのです。

ヨーロッパともなれば、オンラインチェックインして、自分でチケットをプリントアウトしていないと、空港でもチケット発行してもらえないなんて航空会社も多いので、気を付けてくださいね。

そんな格安飛行機で預け荷物をする時に気を付けることは、搭乗する航空会社のホームページに入ってください。そこで、規定量以上の荷物がある場合には、当然、預け荷物にしなければいけませんから、その手続きをとります。

正直、この手続きは、空港へ行ってからもできるのです。しかし、事前にやることで、通常の費用よりも半額以下になるなど、お得なことが多いので、前日までにネットで預け荷物の申請はインターネット上で行っておきましょう。

そうすることで、無駄なエクストラ費用が発生せずに済みますから、全体的な旅費も減らすことができます。それだけでなく、最初から預け荷物があることがわかっていますから、空港でも用意できているので、そういった手間や時間なども省くことができて、様々な無駄をなくせます。

ちょっと変わった荷物を格安飛行機で預けたい場合、それはできる?

格安飛行機を利用する際に注意しなければならないことは、やはり荷物ではないでしょうか。前述したように、手荷物であっても、ある程度の大きさを超えたら、やはり危険ですし、そうでなくても、規定の重さを超えた場合には、預け荷物にしなければならない、且つ、預け荷物の料金をその場で払わなければならないという、いわばペナルティのようなものが発生してしまいます。

では、ちょっと変わった荷物を格安飛行機で預けたい場合、それはできるのでしょうか。特に、良い波を拾いに、色々な地域の海の波の乗りたいという、サーファーは少なくありませんよね。

それは、日本だけではなく、世界に多いため、今まで秘境となってきた土地も、こういった人たちによって、観光地になってしまった(決して良い意味ではなく)ということもあります。そんなこともあり、サーファーセットを飛行機に積む方も多いです。

では、このサーフボードなどは無料なのかというと、基本的には無料なのですが、これが搭載できない小さな機体で走らす格安飛行機だって当然あるわけです。ですので、そういった航空会社を利用する場合には、当然、搭載することができませんので、それを送る必要があります。

それは、国際線であっても国内線であってもです。ですから、現地に行って預けようと思ったら、飛行機に搭載できないから、その搭載を断られたなんてことにならないよう、最初に、あなたが預けたい荷物が無料で載せられるのかをチェックしましょう。

無料で載せられないのであれば、有料でどのくらかかるのか、有料でも載せられないのかを必ずチェックして下さい。例え、大手航空会社の格安飛行機であっても、その系列であっても、機材が小さくなれば、載せられるものにも限りが出てきます。

そのため、同じ航空会社やグループ会社であっても、載せられた荷物が載せられないこともあるので、事前に問い合わせください。

航空券 比較する